教育原理Ⅱ

2014年

第4回

  1. 日本国憲法第26条の穴埋め
  2. 中央教育審議会について
  3. 学習指導要領の変遷と法的拘束力について

2013年

第4回

前半は憲法と教育基本法からの穴埋め。教育の権利と義務に関することと、もう一つは体罰に関する部分。
後半は央教育審議会と教育行政の役割を教科書の内容に沿って説明せよというもの。

情報提供について

何年。第何回。内容。追記等。を下のコメントに記入して送信して下さい。よろしくお願いします。

教育原理Ⅱ」への3件のフィードバック

  1. 2015年 3回目
    穴埋め
    ・小学校、中学校の設置義務
    ・学習指導要領の名前について(昭和22年とその後)
    ・中央教育審議会とは
    記述
    ・2000年以降の中央教育審議会の答申をひとつ選び、その概要と評価をせよ。
    ・学校について「一条校」というキーワードをいれて説明せよ。

  2. 2015年 5回目
    穴埋め
    ・学校教育法18条
    ・学習指導要領の名前について(昭和22年とその後)
    ・中央教育審議会とは
    記述
    ・2000年以降の中央教育審議会の答申をひとつ選び、その概要と評価をせよ。8割埋める事
    ・1980年以降の教育の変遷について「新しい学力観」「生きる力」「確かな学力」というキーワードをいれて説明せよ。

  3. 2016 第3回
    穴埋め
    •法律について
    •学校の設置について
    記述 8割以上埋める事
    •2000年以降の中央教育審議会を1つ上げどういった内容だったか、それについての評
    価をしなさい的…

    •法的拘束力について
    教科書と教育行政についてまず説明し、「教育勅語」と「法律主義」を入れて説明しなさい。
    そんな感じ、記憶が曖昧ですいません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>