美術教育法Ⅲ

2014年

第3回

  • 問1.教育で連携が必要とされるようになった背景を述べよ
  • 問2.連携を用いた中学生の授業を考案せよ

2013年

第6回

  • 問1.ダウン症の子どもを造形活動に取り組ませる意義とは。
  • 問2.知的障害児を支援するときの基本的姿勢とは何か。

2012年

第6回

学芸的行事を美術教科の視点から解説して教員の留意点

2010年

第3回

  • 問1.「国際理解」が学校教育で必要とされる背景と目的を考察しなさい。
  • 問2.「国際理解」を目的とした中学校における「鑑賞」の授業を考えなさい。
    内容、留意点、概ねの時間配分を明記すること。

第4回

  • 問1.ダウン症の子どもを造形活動に取り組ませる意義とは。
  • 問2.知的障害児を支援するときの基本的姿勢とは何か。

2009年

第2回

  • 問1.「総合的学習」の目的と背景とは。
  • 問2.「美術教育」と「総合的学習」の関係を考察せよ。

2007年

第4回

  • 問1.「総合的学習」の目的と背景とは。
  • 問2.「美術教育」と「総合的学習」の関係を考察せよ。

第6回

  • 問1.国際理解が学校教育で必要とされる理由を考察せよ
  • 問2.中学生を対象に国際理解を目的とした授業を考えなさい。

2006年

第5回

  • 問1.教科書第1章、美術教育と国際理解には、鶏を4本足で描く事例が紹介されている。このようになった背景を考察しなさい。
  • 問2.鶏を4本足で描いた中学生にどのように指導すべきか書きなさい。

情報提供について

何年。第何回。内容。追記等。を下のコメントに記入して送信して下さい。よろしくお願いします。

美術教育法Ⅲ」への3件のフィードバック

  1. 2015年 3回目
    問1.教育で連携が必要とされるようになった背景を述べよ
    問2.連携を用いた中学生の美術の授業を考える。題材、留意点、概ねの時間配分など明記すること。

  2. 報告します。

    1. 2008年の,教育指導要領解説の改定内容に「美術文化の継承と創造への関心を高めるために,作品などのよさや美しさを主体的に味わう活動や,我が国の美術や文化に関する指導を一層充実する。」とある。これについて,説明しなさい。

    2. 「我が国の美術や文化に関する指導」に適切な題材(作品,作家など)を挙げ,そのよさや美しさを中学生にもわかるように説明しなさい。

    以上です。
    それでは。

  3. 2017年 第5回 科目試験 美術教育法Ⅲ (2017年11月23日)

    問1.現代の「学力論争」の背景や状況を説明しなさい。

    問2.中学校美術科における学力について論じなさい。

    ここのサイトには、いつも大変お世話になっております。
    このサイトに掲載されている美術科教育法Ⅲの過去問は今回、全て網羅しました。
    が、上記の問題はなく、あてが全く外れて試験当日、かなり焦りました。

    教育学部出身なので、何とか昔の知識を引っ張り出しで回答は出来たものの、初めてこのような問題に出くわすと、かなり焦ると思います。
    私は、国際学力調査(PISA)の結果や新学力観の登場などをもとに学力論争の背景について述べました。
    文部科学省のHPにも調査結果についてはかなり詳しく掲載されておりますので、参考にされるとよいと思います。

    美術教育法Ⅲは他の教科と違って、科目試験の傾向がつかみにくく、苦労すると思います。
    過去問を一通りやり終えて感じたことですが、
    学習指導要領(中学校美術科:特に鑑賞領域)、国際理解教育と美術教育、障害児教育と美術教育、総合的学習の時間と美術教育、
    あたりの内容が試験に出やすいのかなと思いました。逆に言うと、上記の項目は過去問を中心にしっかりと勉強をしておいた方がよい部分だと思います。

    いつもこのサイトにはお世話になっております。
    参考になれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>